赤ちゃんのお肌の状態について

お肌の状態をみずみずしい状態のままにしておくには、お肌に備わっている保湿力が大事です。

保湿力が高いお肌はハリがあって美しく、うるおいが保たれていてシワなどの肌トラブルもあまり起こらなくなります。

 

保湿力が高いお肌の例といえば、赤ちゃんのお肌です。赤ちゃんのお肌はかなり保湿力が高いため、さわるとスベスベで弾力があります。

赤ちゃんの頃は誰しも持っていたこの高い保湿力は、年を取るとともに失われていき、お肌が乾燥するようになっていくのです。

 

つまり、お肌の保湿力は赤ちゃんの頃は誰しも持っているわけですから、赤ちゃんのお肌がなぜ保湿力が高いのかを見てみれば、保湿力をキープするために何をすればいいのかが分かるかもしれません。

 

赤ちゃんの皮膚と大人の皮膚を比べてみると、大人に比べて厚みが半分ほどしかありません。だいたい1ミリほどです。

 

生まれたての赤ちゃんはまだママの体から受け取った黄体ホルモンが豊富なため皮脂の分泌が多く、それによって4ヶ月ほどはお肌が乾燥することから守られています。

この時期の皮脂は、小児期の皮脂分泌量と比べると6倍~50倍も分泌されるとされています。

 

生後4ヶ月をすぎたころから、この黄体ホルモンの影響が抜けてくることで皮脂分泌量が急減します。なんと20代の成人女性の分泌量と比べると1/3にまで減ってしまうのです。

当然、こんなに減ってしまうとお肌のバリア機能が十分に働かなくなるため、外部刺激(乾燥、ウィルスなど)を受けやすくなってしまします。

 

皮脂分泌量が急減する代わりに、赤ちゃんは汗をかくことでお肌を保湿しようとします。

赤ちゃんは汗っかきだというのはご存じの方も多いと思いますが、その量は大人の2倍ないし3倍。大量の汗をかくことで、皮脂分泌量が減ったお肌の保湿をしているのです。

 

しかしこれにも問題があります。汗をたくさんかくことで、皮膚表面の細菌が繁殖しやすくなるのです。

成人の皮膚は弱酸性に保たれています。これは、弱酸性であることで皮膚表面で細菌が繁殖するのを抑えているのです。

 

赤ちゃんのように常時発汗している環境下では、皮膚の表面が中性方向に傾き、そのために最近が繁殖しやすい環境ができてしまいます。

 

こうしたことから、赤ちゃんのお肌を守るためには、こまめにお世話をしてあげることが大事になってきます。

うるおいを補ってあげることや、最近が増えやすいお肌を綺麗にしてあげることが大事なのです。

 

そこさえきちんとしておけば、赤ちゃんのお肌がもともと持っている高い保湿力によってうるおいはキープされますから、スベスベで弾力のあるお肌が続くということになります。