赤ちゃんのお肌の状態について

お肌の状態をみずみずしい状態のままにしておくには、お肌に備わっている保湿力が大事です。

保湿力が高いお肌はハリがあって美しく、うるおいが保たれていてシワなどの肌トラブルもあまり起こらなくなります。

 

保湿力が高いお肌の例といえば、赤ちゃんのお肌です。赤ちゃんのお肌はかなり保湿力が高いため、さわるとスベスベで弾力があります。

赤ちゃんの頃は誰しも持っていたこの高い保湿力は、年を取るとともに失われていき、お肌が乾燥するようになっていくのです。

 

つまり、お肌の保湿力は赤ちゃんの頃は誰しも持っているわけですから、赤ちゃんのお肌がなぜ保湿力が高いのかを見てみれば、保湿力をキープするために何をすればいいのかが分かるかもしれません。

 

赤ちゃんの皮膚と大人の皮膚を比べてみると、大人に比べて厚みが半分ほどしかありません。だいたい1ミリほどです。

 

生まれたての赤ちゃんはまだママの体から受け取った黄体ホルモンが豊富なため皮脂の分泌が多く、それによって4ヶ月ほどはお肌が乾燥することから守られています。

この時期の皮脂は、小児期の皮脂分泌量と比べると6倍~50倍も分泌されるとされています。

 

生後4ヶ月をすぎたころから、この黄体ホルモンの影響が抜けてくることで皮脂分泌量が急減します。なんと20代の成人女性の分泌量と比べると1/3にまで減ってしまうのです。

当然、こんなに減ってしまうとお肌のバリア機能が十分に働かなくなるため、外部刺激(乾燥、ウィルスなど)を受けやすくなってしまします。

 

皮脂分泌量が急減する代わりに、赤ちゃんは汗をかくことでお肌を保湿しようとします。

赤ちゃんは汗っかきだというのはご存じの方も多いと思いますが、その量は大人の2倍ないし3倍。大量の汗をかくことで、皮脂分泌量が減ったお肌の保湿をしているのです。

 

しかしこれにも問題があります。汗をたくさんかくことで、皮膚表面の細菌が繁殖しやすくなるのです。

成人の皮膚は弱酸性に保たれています。これは、弱酸性であることで皮膚表面で細菌が繁殖するのを抑えているのです。

 

赤ちゃんのように常時発汗している環境下では、皮膚の表面が中性方向に傾き、そのために最近が繁殖しやすい環境ができてしまいます。

 

こうしたことから、赤ちゃんのお肌を守るためには、こまめにお世話をしてあげることが大事になってきます。

うるおいを補ってあげることや、最近が増えやすいお肌を綺麗にしてあげることが大事なのです。

 

そこさえきちんとしておけば、赤ちゃんのお肌がもともと持っている高い保湿力によってうるおいはキープされますから、スベスベで弾力のあるお肌が続くということになります。

うるおいをキープする力は年を取るとともに下がる

うるおいをキープする皮膚の力は、年を取るとともにじょじょに下がっていきます。

乾燥する季節に外の乾いた風にさらされる時間が長い方や、夏場など強い紫外線を浴びる時間が長いような方は、こうしたお肌のうるおいが失われやすいとされています。

こうした方は、そうでない方よりもお肌が早く老化するとされているのです。

 

皮膚表面には角質と呼ばれる部分があって、ここは皮膚からうるおいが失われるのを防ぐ役割を担っています。

角質層が壁になって、外部からの刺激、たとえば紫外線や乾燥などをブロックして、お肌の内部組織を守るとともに、水分が蒸発してなくなってしまうのを抑えているわけです。

 

小さい子供や赤ちゃんなどはこの角質がまだ未成熟であるため、お肌の内部のうるおいがうしなわれやすい皮膚になっています。

とはいえ一方で赤ちゃんは大人よりも多く汗をかくほか、大人よりも皮脂の分泌が多いことで、お肌のうるおいを保っています。

 

角質は外部からの刺激によって損傷するため、新陳代謝によってターンオーバーし生まれ変わっていきますが、年齢とともにこの生まれ変わらせる力が衰えていくことが知られています。

 

また、お肌の内部にもうるおいをキープする皮膚の力に関連する成分であるコラーゲンがあります。コラーゲンは保水力の高い成分で、この成分があることでお肌が弾力を持ち、ハリやツヤのあるお肌になるのです。

このコラーゲンもまた、年齢とともに体内で産出する力が衰えていくとされています。

 

保水力や弾力に関わるコラーゲンが皮膚内部で減ってしまうわけですから、結果としてうるおいは低下しハリやツヤが失われ、お肌にシワが出たりしてくるわけです。

 

最後に、血流が悪くなるような要素もお肌のうるおいを低下させます。たとえば冷え性の方などはお肌のうるおいもあまりよくないはずです。

血流が悪くなると皮膚に必要な栄養が運ばれにくくなるため、角質層を修復するための栄養やコラーゲンを作るための栄養が滞るようになります。

 

40歳から50歳ぐらいになると、皮膚の力が衰えたことを実感するようになるとよくいわれます。

それ以前から、皮膚のうるおいを保つような対策をしておくべきでしょう。

お肌がうるおいを保てなくなると起きてくる問題

お肌がうるおいを保っておけなくなると、どういった問題が起きてくるのでしょうか。

 

うるおいを保つ力がなくなってきたお肌というのは、往々にして角質の部分にダメージを受けていることが多いものです。

角質の部分にダメージがあると、お肌のキメが乱れ、その隙間から内部にある水分がどんどん外に逃げていくため、お肌のうるおいが失われるのです。乾燥肌はこんな状態ですね。

 

お肌の内部にはコラーゲンという成分があるのですが、この量が減ることによってもお肌のうるおいを保つ力が下がります。

 

コラーゲンといえば美肌成分として有名ですが、これはコラーゲンが高い保水力を持っているからです。このため、お肌の中のコラーゲンが減ればお肌全体の保水力も下がり、お肌は乾燥してカサカサになってしまいます。

 

お肌の保水力が下がり、乾燥してカサカサになるとお肌の弾力が下がります。弾力を失ったお肌はたるんだりシワになったりするのです。

 

最初のうちはひどくないシワであったものでも、加齢とともに程度のひどいものに変わっていき、いわゆる老け顔の原因になります。

 

お肌が荒れていればメイクのノリも悪くなりますので、どうしてもメイクが厚くなってしまいがちです。

メイクをしすぎるとそのことがまたお肌にダメージを与えますので、お肌の荒れがさらに進むことになります。

 

寒さの厳しい冬のように乾燥のひどい時期には、皮膚が割れてアカギレができたりします。

アカギレは痛いだけでなく、ひどくなると血が出てしまったりして、一度できてしまうとなかなか治ってくれないやっかいなものです。

 

アカギレがあるということはその部分の皮膚のバリア機能が働いていないわけですから、そこから細菌が入り込んだり、体によくない物質が入ったりして、皮膚や体の害になることさえあります。

お肌のうるおい対策でアトピー性皮膚炎の危険性を減らす

お肌のうるおいを保つ対策をきちんとすることで、アトピー性の皮膚炎がおきる危険性を減少させることが可能です。

アトピー性の皮膚炎をすでに患っている人であっても、お肌のうるおいを高めていくことで皮膚の炎症を軽快させたりアトピー自体を治すことができます。

 

アトピー性の皮膚炎の人は、アトピーになる遺伝要因を持っていることが多いため、小さい頃からずっと皮膚炎の症状に悩まされていることが多いようです。

 

アトピー性の皮膚炎では、強烈なかゆみと湿疹が患者さんを悩ませます。強烈なかゆみがずっと続きますので、どうしてもかいてしまってその部分の皮膚が荒れ、湿疹が増える結果となります。

また皮膚が荒れるとその部分から細菌やホコリなどのアトピーを引き起こす物質が体内に入り込みますので、かゆみがさらに悪化します。

 

その他にも、洗剤や布地などによって化学物質に触れたり、ストレスによってアトピー性の皮膚炎が悪化するということも知られています。

 

アトピー性の皮膚炎を持っている方の場合、健康な方の皮膚に比べてうるおいを保つ力が弱く、お肌は乾燥していることが多いようです。

うるおいを保つ力が弱いためにお肌から水分が蒸発しやすくなってしまい、乾燥肌になってしまうわけです。

 

お肌のうるおいを保つ力を高めれば、アトピー性の皮膚炎による炎症が抑えることができます。

ほうっておけば乾燥しやすいお肌なのですから、水分を十分に補ってあげることが大事です。

 

また、アトピー性の皮膚炎の方の場合化学物質に触れると炎症が悪化することが多いので、髪や体を洗うために使うシャンプーや石鹸などはきちんと吟味し、炎症を引き起こさないようなものを使うようにしましょう。

 

同様に、お肌に強い刺激を与えるようなコスメもよくありません。

ヒアルロン酸であったりセラミドといった、保湿効果のあるコスメもよく販売されていますが、自分のお肌で問題が起きないかどうかをきちんとテストしてから使うようにしましょう。

問題が起きないものであれば、保湿力が高まることでアトピーの症状が軽くなることが期待できます。

 

アロマオイルなどを使って、敏感なお肌に刺激を与えないようなコスメを自分で手作りすることも可能です。

さまざまな物質が使われている一般のコスメではなくて、自分のお肌に問題を起こさない材料だけを使ったコスメが作れますので、試してみてもいいでしょう。